セルフイメージ

セルフイメージ

小さな一言が大きな力を生む

先日放送されたモニタリングの山形の工業高校の先生の話、いい話でしたね。不登校になった女の子の生徒に、毎日メールや電話。軽い1行2行メールでも毎日続けてくれた。そのうちにその生徒は、その中の一言一言に励まされ、「自分には味方になってくれる先生がいる」と思えるようになり学校に行けるようになった。そして
セルフイメージ

人は人によって磨かれる

教育再生という言葉が安倍政権から発せられてから4年近く経つでしょうか。これから2020年に向けて大きく教育が変わるといわれています。そもそも教育とはなんなのでしょうか?教育というと技術や知識をすでに持っている人が、これから身に付けたい人へ教える、そんなイメージがありますよね。しかし・・・
セルフイメージ

人は誰でも成長できる

人は誰でも成長できます。新しい文化、文明を創り出したのは人。クルマ、スマフォ、ビル、飛行機など作り出したのは、人の想像力あってのこと。これらのものは、物理的にすでにあったのではなく、何もないところから一つずつ積み上げてきた成果です。つまり、想像やイメージといった
セルフイメージ

雨だれ石を穿(うが)つ

ある少年の話。「若い頃にあれをやっとけばよかった」そう嘆くお年寄りの話を聞き、少年は一生の間にやってみたいことを書き出してリストにしました。そのことが彼の人生を大きく変えました。「多くの人はあのお年寄りのように前もって計画を立てていないから、人生の本当の楽しみを忘れてしまっているのでは?」と。
セルフイメージ

「でいい」を「がいい」に!

最近よく言葉が「この高校でいいや」「この高校しかいけない」といった言葉。こんな子どもたちに伝えたいことが、「でいい」ではなく「がいい」といって、自分の道を選択しよう。ということ。これは、僕自身が大学受験を控えたときに、 高校の先生から言われ、印象に残っている一言です。
セルフイメージ

学歴より大切なこと

最近は「学歴は関係ない」という声が企業から聞こえてきます。新卒の採用や転職の市場を見ても、企業が学歴よりも人間性を重視している傾向があります。一方、後世に名を残す実績を上げている人で学歴が高くない人も大勢います。本当に自分の想いを実現している人は、学歴に頼らず自分で考える知恵や目標に向かって進む力を持っていると言えます
セルフイメージ

苦労があるから感動する

昔に比べてとても便利な世の中になりましたね^ ^24時間お店で日用品が買えたり、携帯電話ですぐに連絡が取れたり、地図も覚えたり持ち歩かなくても目的地まで連れてってくれたりします。便利になることは嬉しいことですね^ ^サービスや教育のプログラムも、お客様の満足度が高く得られるように工夫されています。
セルフイメージ

目標を書く理由

本日の朝活では素敵な報告がたくさんありました(*^^*)2週間前の朝活の際に立てた目標を達成されている方、目標に向かって進んでいる方など、全員がいい成果を報告してくれました(*^^*)これまで進まなかった部屋の片付けが進んだり、早寝早起きができるようになってきたり、奥様との会話が増えたり^ ^
セルフイメージ

定年後の生きがいは「人生のテーマ」

定年を迎え退職し、地域のため、自分自身のために精力的に活動している方とお話しさせていただきました。一番印象に残ったのは、「定年を迎えた方の生きがい」の話。この方は生きがいという言葉を使い、面白く表現されていました。「定年を迎えた男は、テレビを捨てて外に出ろ」と。
セルフイメージ

夢より目標!?

先日、ココイチの宗次さんの講演を聞く機会がありました。「夢は持つな!目標を持て!」今は、夢や想いを実現するために、夢、目標、指針、モットー、クレド、・・・いろんな言葉があり、どれも大切だと言われていますね。多くの人が本や記事で夢を描いて、夢に向かって挑戦しよう!と言っています。
セルフイメージ

神社に何度もお参りする理由

初詣も一通り済んだ頃でしょうか。年に1度は神社にいく方は多いと思います。神社に行くと身が引き締まりますよね。僕も今年一年、良い年になりますように、とお参りしてきました。では、なぜみんな神社に行くのでしょうか?そして、何度もお参りする人はどういう思いなのか?なぜ、いわゆる成功者は神社によくお参りにいくのか?
セルフイメージ

日々の仕事を全力でやる意義

1日に何回くらい自分と格闘しますか?仕事している時、最大限の努力を避けるため、最小限の条件で妥協すること、意外とよくありませんか?質や効率を考えるともっともっと努力はできる状況の中で、 自分がやらなければいけない最小限のことしかやらない。こんなことを繰り返すと。。
セルフイメージ

育成とは?

人材育成や養成スクールといった育成ビジネスが増えています。世の中のニーズも増えていることを示していると思います。ところで「育成」とはなんなのでしょうか?育成:立派に育て上げること(辞書)。近年、早く戦力になってほしいという思いでノウハウを伝え、テクニックを教えてくれる企業研修や講座、OJTが多くあります。
セルフイメージ

人工知能(AI)によって仕事が奪われる!?

人工知能の発達で、現在、人間が行なっている仕事の約半数が機械に奪われる。そんな時代が間近です。確かに機械的な作業は、とって変わっていくことは想像できますね。スーバーのレジ、工場のラインなど。自動運転の技術が向上すればタクシーやバスの運転手も変わっていきそうですね。ところで人工知能ってなんなんでしょう?
セルフイメージ

日本の幸福度はなぜ低いのか?

世界で「最も幸せな国」はデンマーク。続いて2位にはスイス。日本は53位(昨年の46位から順位を7つ下げている) (※世界幸福度報告書2016による) 物質的に豊かになり、衣食住に困る人も少なく、経済大国(現在世界3位)の日本においてここまで幸福度が低いのはなぜなのでしょうか?
セルフイメージ

子どもに夢を持て!という前にやるべきこと

子どもたちが大きな夢や希望を持って挑戦する姿は素敵ですよね。どんな時も明るく前向きに生きていってほしい、それが親を始めとする子供たちの育成に関わる大人の願いではないでしょうか?しかし昨今、子どもたちの周りにはいじめ、自殺など様々な問題が取り巻いています。小学生の約8%、中学生の約23%がうつ傾向にあるそうです。では、