目標

生きていく力

雨だれ石を穿(うが)つ

ある少年の話。「若い頃にあれをやっとけばよかった」そう嘆くお年寄りの話を聞き、少年は一生の間にやってみたいことを書き出してリストにしました。そのことが彼の人生を大きく変えました。「多くの人はあのお年寄りのように前もって計画を立てていないから、人生の本当の楽しみを忘れてしまっているのでは?」と。
生きていく力

問題解決の本質

近年IT化が進み、ホームページは誰もが作れる時代になってきました。今はホームページは自分で無料で作れるし、ブログも無料で始められる時代になりましたね。ところで、あなたはホームページを作るとしたら、デザインを重視しますか?機能を重視しますか?答えは・・・それは、人それぞれだと思います。
生きていく力

学歴より大切なこと

最近は「学歴は関係ない」という声が企業から聞こえてきます。新卒の採用や転職の市場を見ても、企業が学歴よりも人間性を重視している傾向があります。一方、後世に名を残す実績を上げている人で学歴が高くない人も大勢います。本当に自分の想いを実現している人は、学歴に頼らず自分で考える知恵や目標に向かって進む力を持っていると言えます
生きていく力

目標達成に向けた活動

先日、今年最初のモチベーションをテーマとした朝活を行いました。回を重ねる毎に、毎回参加していただける方、新規にご参加いただける方のご協力により和やかな雰囲気で進められて感謝しています。さて、今回はいつもの「真のモティベーションとは?」のご紹介から始まりましたが、1点新しい試みをしました。
家庭・家族

「生きていく力」を子供に与えるのは親の役割

親は一番近くにいる子供たちの応援団。子供たちの可能性を一番信じているのは間違いなく親。だからこそ、子供達の可能性を引き出すためにできることを真剣に考えていきたいと思っています。
生きていく力

仲間の存在が感動を呼ぶ

涙が流れるほどの感動。目標を達成すると大きな感動が生まれます^ ^例え達成しなかったとしても、苦労して事を進めてきた経験が感動を生みます。そこには「仲間の存在」が必ずあります。例えば、オリンピックの選手を見ていると、金メダルをとって人もとってない人も、支えてくれた方に感謝します、というコメントを多く見ることができます。
タイトルとURLをコピーしました